第41期 品質方針

  お客様の満足度の向上に向けて、
  ISO9001:2008年度版要求事項に基づくQMSの継続的改善を図り、
  信頼性のあるサービスを提供する。


 第41期 環境方針

 創業以来の理念に基づき、次の方針にしたがって地球環境の保全につとめる。

  (1) 株式会社アズマは、地球環境への負荷を継続的に軽減する。
  (2) 環境に関する法律を守り、汚染を予防する。
  (3) 環境目的・目標を設定、行動計画に基づいて実施し、成果を評価する。
  (4) 工場内の作業環境をよくし、周囲の美観、快適さを改善する。
  (5) 環境方針は文書化して、会社で働く全ての社員に周知させる。


 AZUMAメタライズ
 

◎ フィルム表面の粗化不要

◎ Pd添加物不要

◎ Ni Crフリー

◎ 薄膜化対応

蒸着装置


縦型電気銅めっき装置

◆ 具体的な構造

 ◇ フィルムに銅蒸着を行う
    無電解めっき : Pd添加 ・ 表面を粗化 ・ アンカー効果による密着
    スパッタリング : Niスパッタ ・ Crスパッタと銅めっきによる密着

    AZUMAメタライズ : 銅蒸着 ・ 銅めっきだけで密着

 ◇ 環境
    密着させるために異種金属を使用しないので、
    製造上・製品後の成分はフィルム(炭素)と銅だけです。

 ◇ シード層の除去
    銅に対しての異種金属を除去する必要がないため、
    銅の除去だけを工程に設定すれば良い。

 特色

  1 設備は自社制作またはメーカーとの技術協力により、
    顧客のニーズをベースに考案されています。

  2 正月・ゴールデンウィーク・夏期休暇以外は3工場とも
    24時間稼働で納期対応しています。

  3 ISOの認証を取得し、品質の安定とトレーサビリティーが
    とれる生産システムを整えています。

  4 新技術の開発・導入に常に挑戦しています。
     ◎ ガラス基板への銅めっき
     ◎ ベクトラ樹脂めっき
     ◎ レーザービア内へのビアフィーリングめっき
     ◎ 無電解金めっき(ボンディング対応)から
        無電解パラジウムめっき

  5 プリント配線板営業士1級の技能を有する営業スタッフが
    様々なご要望にお応えします。

  6 水の省資源化に努めています。
      → 銅めっき1u当たり10Lの使用量


 設備仕様

  1  水平化学銅のめっきライン
      ◎ 薄板 60μmまで可能
      ◎ 小径 0.2φ(板厚1.2t)まで可能
      ◎ レーザービア 穴径1.0φ、深さ60μmまで可能
      ◎ 多層板信頼性評価 T/C1000サイクルまで可能

  2  縦型硫酸銅電気めっきライン
      ◎ インピーダンス基板対応 バラツキR=6(±3μm)
      ◎ 薄板 60μmまで可能
      ◎ σ値(STD) 1.0〜2.0
      ◎ ファインパターン対応可(治具レス)

  3  水平デスミアライン
      ◎ ハロー発生が少ない
      ◎ スミア除去のバラツキがない
      ◎ レーザービアに対応可能
      ◎ 板厚0.1t以下も対応可能