お問合せ
平日9:00〜17:00
045-934-1380
(横浜工場)
お問合せ

事業所紹介

東京工場(本社)

写真:東京工場(本社)

株式会社 アズマは、プリント基板にスルーホール銅めっき及びデスミア加工を中心に生産しております。 東京工場では新たなビジネスを展開しており、各種フィルムへの銅めっき加工やガラス基材への技術対応へ展開しております。

設備内容

ロールtoロール 電気めっき
250mm幅 縦型搬送、全行程40m

工場の特徴

  • プリント基板以外の案件に対応

分析機器、解析機器

  • CVS

所在地

工場 東京工場(本社)
所在地 〒143-0003
東京都大田区京浜島2丁目2番地10号
電話 03-3790-1071
※お問合せは横浜工場にお願い致します。
FAX 03-3790-1074

横浜工場

写真:横浜工場

横浜工場はプリント基板の銅めっき、薬品の自動補給方法、排水処理は当然のことながら、製品に触る手順まで全て組織化、文書化されており、土日祝日も休まず24時間稼働で生産しております。又、ISO9001、ISO14001の認証工場でもあり、品質・環境のニーズにもお応えしております。

生産能力

  • 70,000㎡/月

設備内容

研磨ライン
1ライン
水平デスミアライン
2ライン
バッチ式無電解銅めっきライン
1ライン
プッシュバー式電気めっきライン
6ライン
バッチ式電気めっきライン
3ライン

工場の特徴

バッチ式電気めっきライン
1枚1枚取り付けを行うため多品種(サイズ・仕様)、
少量の加工に対応ができます。
プッシュバー式電気めっきライン
機械への投入準備以外はほぼ自動化が進んでおり、
量産が可能です。
  • 多種少量製品:330㎜×250㎜~対応致します。
  • 短納期対応可能
  • 板厚は0.4t~3.2tまで対応可能な厚板メインの工場となります。
  • 多種少量・高多層基板・車載基板などの製品に対応。
  • プッシュバー式電気めっきラインは保有する6ライン全て自動化で対応しており工場内では人の手を介在させない製品の取り扱いを目指し装置の改善に取り組むことで、より一層の品質向上に成功しております。

分析機器、解析機器

  • CVS
  • 引っ張り試験機
  • マイクロスコープ
  • 分光光度計

所在地

工場 横浜工場
所在地 〒224-0057
神奈川県横浜市都筑区川和町635番地
電話 045-934-1380
FAX 045-934-1307

テクノセンター

写真:テクノセンター

テクノセンターはアスペクト比の高い基板に対し、驚異的なスローイングパワーの実現が可能なパルス電源を用いためっきラインおよび多様な開口径とビアの深さに対応できるフィルドめっきラインを備えております。又、ISO9001、ISO14001の認証工場でもあり、品質・環境のニーズにもお応えしております。

生産能力

  • 70,000㎡/月

設備内容

研磨ライン
2ライン
水平デスミアライン
2ライン
水平無電解銅めっきライン
2ライン
バッチ式無電解銅めっきライン
1ライン
プッシュバー式電気めっきライン
11ライン

工場の特徴

薄板用研磨機ライン
板厚0.2t~1.6tまで対応しております。
薄板用デスミアライン
板厚0.06t~0.4tまで対応しております。
薄板用無電解銅めっきライン
板厚0.04t~0.8tまで対応しております。
薄板用プッシュバー式電気めっきライン
板厚0.1t以下も対応が可能ですので、ご相談ください。
  • 薄板がメインになっており、フレキやパッケージに対応しています。
  • 他にフィルド・パルス・リジットのめっきラインを保有しております。
  • フィルドの陽極は不溶解性となっており、パルスめっきは優れたスローイングパワーを持ち、小径品に対応しています。
  • 電気めっきラインで薄板を1枚1枚手で丁寧に投入を行っています。
  • 電気めっき加工に自社開発の治具を使用しております。
  • 研磨を始め計18ラインあるので、製品仕様に沿った加工が可能です。その内、プッシャーラインが11ラインあり様々な条件に対応できるラインを保有しています。
  • 多様な条件に応えるラインを保有していますので、各種プロセス設計に対応が可能です。
  • 加工可能な基板サイズは下記の通りとなります。
    ライン名 タイプ 対応高さ
    (mm)
    生産量
    (日/㎡)
    D1 リジット 500~610 480
    D2 リジット 500~610 480
    D3 薄板 330~415 150
    D4 薄板 400~515 200
    D5 薄板 510 200
    D6 薄板 510 200
    D7 フィルド 510 250
    D8 フレキ 510 200
    D9 リジット 510 400
    D10 パルス 510 150
    D11 フィルド 510 100
  • 他にフィルドパルス・リジットのめっきラインを保有しております。

分析機器、解析機器

  • CVS
  • 引っ張り試験機
  • 3Dデジタルマイクロスコープ
  • 電子顕微鏡(SEM-EDX)
  • 蛍光顕微鏡
  • 原子吸光光度計
  • 分光光度計

所在地

工場 テクノセンター
所在地 〒224-0057
神奈川県横浜市都筑区川和町186番地
電話 045-933-0191
FAX 045-933-8333